調査、測量、設計、GIS構築をトータルで提供する空間情報コンサルタント

社長挨拶
 ご挨拶

 昭和46(1971)年5月松本測量有限会社として誕生した私ども株式会社松本コンサルタントは、国土調査の地籍測量を専門とする企業としてスタートを切り、平成28(2016)年には創業45周年を迎えることができました。現在では一般調査測量・設計にも事業分野を拡げながら、多くの方々のご支援・ご協力に支えられ成長を続けております。
 これまでも、常にチャレンジ精神を持った企業でありたいとの理念のもと、いち早くGPSを導入し、GISの普及に対応できる技術革新に努めてまいりました。さらに数年前より、現在注目の高精度GPS移動計測システムであるMMS(モービルマッピングシステム)を導入し、技術力のさらなる向上を図ることにより、空間情報コンサルタントとして新しい分野の開拓を目指しております。
代表取締役 松本 祐一
 公共事業を取り巻く環境は時代と共に変化してきましたが、東日本大震災以降、防災・減災などという形でより人々のためになる公共事業が求められるようになってきました。震災から5年が経った今なお、被災地では復興が思うように進んでいない状況にあります。その要因は様々ですが、ひとつには土地の境界が不明であるためとも言われており、今後日本各地で発生が予想される地震に備えるためにも、やはり地籍調査を速やかに実施すべきということを多くの自治体が再認識しています。その実現に向け、弊社が創業以来培ってきた技術だけでなく、よりスピーディーな進捗を図るための新技術を持って私たちが社会に貢献できるのではないかと考えています。
 これまで株式会社松本コンサルタントが成長してこられたのは、支えて下さった多くの皆様、共に努力して下さった社員のおかげと心より感謝しております。今後とも、微力ではありますがお世話になった方々に喜んでいただけるよう、地域社会への関わり、企業活動を通じての貢献に積極的に取り組み、さらには業界の発展にも寄与できるよう研鑽をつづけてまいりますので、今後とも皆様方のより一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
                                                      (2017年5月)