調査、測量、設計、GIS構築をトータルで提供する空間情報コンサルタント

GIS
GIS(地理情報システム)とは、位置に関する様々な情報を持ったデータを加工/管理したり、地図の作成や高度な分析などを行うシステム技術の総称です。複数のデータを地図上で重ね合わせ、視覚的に判読しやすい状態で表示できるため、分析結果の判断や管理もしやすくなります。

ベースとなるのは『地籍図』、GISの基図に最もふさわしい地図と言われるものです。
当社では、国土調査部門スタッフによって作成された高精度の地籍図を使用しています。測量現場の声はソフトウェア開発にもフィードバックされており、長年に渡って地籍調査に従事してきた当社ならではの知識と技術が、GIS分野にも生き続けています。

一口にGISと言っても、その導入目的はお客様によって異なります。
松本コンサルタントでは、無理・無駄のないプランをお客様と共に考えながら、地域の実情に応じたGISを個別に開発するという『オーダーメイド』の発想でシステムを構築していきます。
導入プランの作成からデータベース構築、ソフトウェア開発、ハードウェア設置、操作指導まで一括でGISの導入をお手伝い致します。
電話や訪問によるサポート業務はソフトウェアを開発したエンジニアが直接担当するなど、導入後のサポート・メンテナンス体制も万全です。


土地情報管理活用システム

地方自治体の各種業務に利用される共用空間データ(地籍情報、地番情報、航空写真、地形図等)を管理する、統合型GISの基幹となるシステムです。
機能追加により、各種施設管理・財産管理等、さまざまな用途に活用することができます。
主な機能のご紹介
・地図表示

表示項目や色の選択などの「表示設定機能」と、拡大・縮小・スクロールなどの「画面操作機能」により、地図を見やすく表示します。

・検索

台帳記載項目や目標物から目的地付近の地図を検索・表示したり、地図上の物件をヒットして台帳情報を確認することができます。

・図面作成

任意の縮尺・サイズや着色設定により、土地利用図等の各種図面作成を行います。

・データ更新

地籍情報の異動更新(分合筆、地図訂正、地目変更、所有権移転など)をはじめ、データを最新の状態に保ちます。

・データ入出力

各種データフォーマット(地籍フォーマット2000、Shape、G-XMLほか多数)に対応し、他システムとのデータ相互利用や市販データの利用が可能です。


▼航空写真と地籍図の2画面表示


▼地番情報の異動更新





固定資産土地評価支援システム

土地評価の基礎となる画地認定・計測作業を適正かつ効率的に行い、課税事務を支援するシステムです。納税者への情報提供や分かりやすい説明にも役立てることができます。
主な機能のご紹介
・レイヤ管理

地番情報や家屋情報の背景図に航空写真を使用し、地目や家屋の現況を確認しながら画地の設定作業を進めることができます。

・データ更新

分合筆、地目変更等に伴う地番図の修正や家屋図の更新処理を行い、最新(1月1日時点)のデータに基づいた適正な課税事務を支援します。

・計算・解析

間口指定により想定整形地の自動作成、間口・奥行・蔭地割合の自動計測を行います。
全筆一括再計算機能、バランスチェック機能などにより、評価換え時の作業も効率的に行うことができます。


▼間口指定による想定整形地の作成


▼評価単価ランク別の色分け図



農地・施設管理システム

農地情報や管水路等の施設情報を一元的に管理し、土地利用状況の把握や有効活用、施設の適切な維持管理を可能にするシステムです。
主な機能のご紹介
・農地管理

分合筆、所有者・耕作者の変更等に伴う農地情報・経営情報の更新を行います。
地図と台帳を同時に更新するため、年月が経過しても整合性を維持することができます。

・施設管理

設計図面や現況写真も一括して管理できます。
設置年度や補修履歴情報を活用して老朽化に伴う漏水事故を予防したり、万一の事故発生時には影響範囲を把握して迅速に対応することができます。

・土地改良区向け機能

農家・所有者・借受人などの納入者ごとに農地面積を集計し、賦課金や電力料金の算出を正確・迅速に行えます。
ほ場整備前の状況もラスタデータ等により管理・把握することができます。


▼関連資料をファイリング


▼地目や作付作物による色分け



公有財産管理システム

地方自治体が保有する公有財産(土地・建物・法定外公共物等)を適正かつ有効に維持管理するためのシステムです。市町村から県・国への提出書類の作成、財産台帳の作成等を行います。また、交通安全施設、消防施設等の情報管理も行えます。
主な機能のご紹介
・公有財産管理

土地・建物等、公有財産の情報を管理します。台帳管理から財産調書の作成まで、面倒な事務書類の作成を正確・迅速に行えます。

・法定外公共物管理

法定外公共物等譲与申請により市町村有財産となった里道・水路等の管理を行います。

・施設管理

防犯灯・カーブミラー・防火水槽・消火栓等、住民の安全・安心な暮らしを守る施設の情報を管理します。
設置年度や補修履歴を管理し、維持管理業務を支援します。


▼国有財産譲与申請時の情報を管理


▼消火栓の影響範囲を表示



上下水道管理システム

上下水道管やガス管など、地下に埋設されたパイプラインの情報をディスプレイ上に再現し、安全な施設の維持管理や無駄のない拡張を可能にするシステムです。住民からの給水申請の受付や料金の問い合わせ対応などにも役立ちます。



道路台帳管理システム

市町村道の認定、台帳補正、道路施設管理、境界管理など、多様な道路管理業務の基礎となる道路台帳図(現況平面図)を管理するシステムです。
台帳の閲覧、幅員証明の発行など、住民サービスの向上にもつながります。




公図管理システム

公図を数値情報化して管理することにより、検索や更新作業の効率化を実現するシステムです。地籍調査をはじめとする多くの分野での利用が期待できます。
主な機能のご紹介
・検索機能

地形図上に作成した見出し図から該当字の公図情報を検索して表示します。
その他、字名・図面番号・地番・所有者名などからも該当箇所の地図を表示することができます。

・データ更新

分合筆、地図訂正等に伴う図面の更新処理を数値データで行うことにより、図面の劣化を防ぎ、地図の精度を保つことができます。入力の方法として、デジタイザによる座標取得またはラスタデータの読み取りを選択できます。
地籍調査が完了した地区から順次データの入れ換えを行うことで、精度の高い最新情報を利用することができます。

・利用分野(例)
・地籍調査における一筆地調査素図の作成
・都市計画におけ公共事業用地の地権者把握
・課税業務における地番図の作成・修正
その他、スピーディーな閲覧・検索、図面出力などの機能を活用して住民サービスの向上をはかることができます。

▼画像と図形の組み合わせ



森林情報管理システム

森林情報管理システム「森林シリーズ」は、D-GPSやデジタルコンパス及びポケットコンパスを用いた森林測量を行う「MSYS FORSUS」と、森林施業に伴う測量成果の管理、林小班図の管理、森林施業計画、森林作業計画、地籍情報の閲覧等が行える「MSYS FORGIS」で構成する森林組合様向け森林システムです。
森林施業における測量データや現地調査データを一元管理し、GISにより、森林施業地の管理・計画及び地図作成を容易に行うシステムとなっております。
主な機能のご紹介

・森林測量システム(MSYS FORSUS)

DGPSやコンパス測量による測量データ取り込み
計算(トラバース計算、逆トラバース計算)の後、測量データ作成
測量データ後処理
 ・データ入力
 ・(観測データ手入力、CSVファイル読み込み)
 ・編集(データ情報修正、追加、削除)
 ・画面表示・印刷
 ・図形移動回転
 ・計算(トラバース計算、逆トラバース計算)
 ・データ出力
 ・(CSVファイル、Shapeファイル、SIMAファイル)




▼森林測量手簿入力
▼森林測量手簿印刷
・森林GIS(Msys FORGIS)

測量データや林小班・施業班の地図データ取り込み
属性情報と併せて一元管理
検索・色分け表示
各種地図データの重ね合わせ
データ(地図、属性)の入力・編集・出力・印刷
施工地と施業の管理
森林組合から自治体への申請書類作成
履歴による施業計画
林道・作業道の図形管理


▼施業実績管理へ


▼森林GIS画面