調査、測量、設計、GIS構築をトータルで提供する空間情報コンサルタント

社会貢献活動

わが社のエコ自慢コンテスト

『わが社のエコ自慢コンテスト』は、徳島市が地球温暖化対策の一環として、事業者が行う環境配慮の取り組みを促すためにCO2削減やごみの減量などに自主的に取り組む企業から応募を募り、その中から他の模範となる優れた取り組みを選ぶというものです。


昨年に引き続き本年も、徳島市より省エネルギー・省資源などの環境対策に取り組む企業から応募を募り、その中から他の模範となる優れた取り組みを選ぶという「わが社のエコ自慢コンテスト」の募集があり、わが社もこのコンテストに参加いたしました。

当社の主な取り組みといたしまして、以下の2点をピックアップし、応募いたしました。

1.太陽光発電の導入

社屋屋上に太陽光発電(出力30Kw)を設置し、発電した電力は社屋内の照明等の一部に使用しております。また、発電量が一目で確認できる表示装置を設置し、社員の環境への意識向上に役立てております。


2.エコドライブの実践及びハイブリッドカーの導入

エコドライブを実践するため、定期点検・整備の徹底を行うとともに、営業車にはハイブリッドカーを導入しております。ガソリン使用量及びCO2の削減に努めております。


「エコドライブの実践とハイブリッドカーの導入」が優れた取り組みとして徳島市に選定され、このたび認定証を授与されるとともに、パネルとして徳島市役所に展示されました。

「できることから始めよう」を合い言葉に、吉野川河川敷や国道等の清掃活動を定期的に実施し、ペットボトルのキャップ回収や廃食用油のリサイクル、エコドライブの実践とハイブリッドカーの導入などの継続した活動を通じて、自分たちに出来る環境対策に幅広く携わりさらに地域に貢献できる企業を目指してまいります。

平成22年

先般、徳島市より省エネルギー・省資源などの環境対策に取り組む企業から応募を募り、その中から他の模範となる優れた取り組みを選ぶという「わが社のエコ自慢コンテスト」の募集があり、わが社もこのコンテストに参加いたしました。

当社の主な取り組みといたしまして、以下の3点をピックアップし、応募いたしました。

1.廃食用油のリサイクル

社内に天ぷら油などに使用された廃食用油を回収するためのボックスを設置し、社員の家庭から回収しています。こうして回収された廃食用油は1年間で約300リットルに及び、回収された廃食用油は廃棄物処理業者が設置するプラントでバイオ燃料に精製し、軽油の代替燃料として利用されます。
精製されたバイオ燃料は、気管支炎等の原因となる黒煙の発生が少なく、大気汚染の防止に役立つほか、CO2やゴミの削減にも効果があります。


2.「ペットボトルキャップ」で途上国に「ワクチン」を

今まで廃棄されていたペットボトルのキャップを分別回収し、再資源化を促進することによりCO2発生の抑制に寄与するとともに、回収されたペットボトルキャップは、発展途上国の子供たちにワクチンを送る活動に役立てています。


3.地域の美化活動

地域社会への感謝の気持ちとして、吉野川の河川敷や国道等の清掃美化活動を定期的に実施しています。


これらの取り組みが「廃棄物のリサイクルの推進」の優れた取り組みとして徳島市に選定され、このたび認定証を授与されるとともに、パネルとして徳島市役所に展示されました。