調査、測量、設計、GIS構築をトータルで提供する空間情報コンサルタント

社会貢献活動
とくしま協働の森づくり事業
平成21年度より徳島県が「とくしま協働の森づくり事業」を実施しており、当社もこの事業に参画する事となりました。
この「とくしま協働の森づくり事業」とは、カーボン・オフセット制度の一環であり、自らの事業活動で排出するCO2を徳島県内の森林整備で埋め合わせ(相殺)しようというものです。

平成22年度

平成22年度 第1回となる「とくしま協働の森づくり事業」のパートナーシップ協定の締結式が、平成22年6月29日に執り行われ、当社は今年も昨年に引き続き、徳島県と社団法人とくしま森とみどりの会との間で協定を結びました。

この協定により「森づくり」の協力をさせていただくことになる協定対象森林は、徳島県三好郡東みよし町足代にあるヒノキ2.65haの私有林です。

当社では、平成22年5月に新社屋を新築した際に、太陽光発電システムを導入し、1日最大電力30Kwの自社発電して、社内利用しております。自然エネルギーを取り入れることで、天然資源を守り、CO2排出量の削減に取り組んでいます。
それに伴い「とくしま協働の森づくり事業」に参加することで、社員一人ひとりが日々の生活の中で環境へ配慮した取り組みを行い、一丸となって地球温暖化防止対策やエコ活動を実施し、環境保全へ貢献していく所存です。

 ▼協定書



 ▼協定対象森林の概要

所在地

東みよし町足代

所有

私有林

樹種

ヒノキ

面積

2.65ha

森づくり内容

間伐

▼位置図
▼整備箇所図


▼森林の現況



    森林CO2吸収量証明書交付式

先般、当社が参画しております徳島県実施の「とくしま協働の森づくり事業」において、徳島県三好郡東みよし町足代の協定対象森林 2.65ha(ヒノキ)の間伐施業により、CO2吸収量24.14t-CO2/年の森林CO2吸収量証明書の交付を徳島県知事より受けました。

CO2排出量の削減に日々の生活や事業活動で取り組んでおりますが、今後もこのような社会貢献活動や環境事業に参画し環境にやさしい企業を目指していきます

森林CO2吸収量証明書の内容

1. 対象森林の所在 東みよし町足代

2. 森林の概要
    ・対象面積  2.65ha
    ・樹  種   ヒノキ 28・32年生
    ・施業内容  間伐

3. 認証期間     平成23年 8月5日から5年間

▼森林CO2吸収量証明書
▼知事と写真